【初心者でもわかる】限界利益が高いとは?限界利益の意味や計算・活用方法をわかりやすく解説

限界利益とは、売上高から変動費を差し引いた値のことです。

簡単に求められる値ではあるものの、会社や事業が利益を出せているか判断し、その後の施策を考えるうえで、非常に重要な意味を持っています。

会社経営では無視できない指標であるため、しっかり理解しましょう。

今回の記事では、限界利益の意味や計算、活用方法についてわかりやすく解説します。

業界最大級!ハイクラスな副業・フリーランス人材10万人以上のデータベースが見れるのはクラウドリンクスだけ⇒とりあえず無料登録

限界利益とは商品やサービスを販売すると直接得られる利益

限界利益とは、商品やサービスを販売したときに直接得られる利益を指し、売上と連動して増減します。

会社が利益を出せているか、その事業を継続しても問題ないかを判断する上で、非常に重要な指標の1つです。

限界利益は「売上高ー変動費」で計算可能

限界利益は「売上高-変動費」で計算できます。

変動費とは、売上に応じて金額が変わる経費のことです。

これに対し、売上に関係なく必ず計上される経費のことを固定費と言います。

一般的な変動費・固定費の例は以下の通りです。

変動費/固定費 

具体例

変動費 

原材料費、仕入原価

固定費 

減価償却費、家賃

状況に応じ変動 

研究開発費、人件費、水道光熱費

ただし、具体的にどの費用が変動費・固定費となるかは業界・業種・ビジネスモデルによっても扱いに差があります。

実態に応じて判断するのが妥当です。

限界利益率とは売上高に占める限界利益の割合のこと

売上高に占める限界利益の割合のことを、限界利益率と言います。

ここでは、限界利益率の求め方と損益分岐点の関係についても触れておきます。

「限界利益÷売上高」で求められる

限界利益率は、以下の計算式で求めることが可能です。

限界利益率=限界利益÷売上高×100%

たとえば、限界利益が1,200円、売上高が6,000円の場合、限界利益率は以下のように求められます。

1,200円÷6,000円×100%=20%

限界利益率から損益分岐点も求められる

限界利益率がわかれば、損益分岐点も求められます。

損益分岐点とは、売上高と費用(変動費と固定費の合計)が等しくなる点のことです。

具体例として、以下のケースを想定しましょう。

  • 商品1個あたりの販売価格:6,000円
  • 限界利益率:20%
  • 固定費:60,000円

この場合、損益分岐点は300,000円(=60,000円÷20%)となります。

限界利益率と付加価値率は実務上同じもの

限界利益率とよく似た概念に、付加価値率が挙げられます。

付加価値率とは、売上高に対する付加価値の割合のことで「付加価値÷売上高×100」という式で求められます。

付加価値とは、売上から商品仕入原価、材料費、外注加工費といった変動費を差し引いた残りのことです。

そのため、呼び名こそ違うものの、実務上同じものと考えて構いません。

なお、産業種類別の付加価値率の平均は以下の通りです。

製造業  

22.0%

卸売業 

8.0%

小売業 

19.6%

平均

18.9%

出典:経済産業省「経済産業省企業活動基本調査 / 統計表一覧-確報(概況) 2021年企業活動基本調査確報-2020年度実績-」

製造業は工場や機械など、多額の設備投資が求められるため、固定費も高くなりがちです。

利益を出すために達成すべき付加価値率=限界利益率も高くなります。

ハイクラスな副業・フリーランス人材とのマッチングから、プロジェクトチーム組成まで依頼したいなら⇒リンクスエージェントの資料をダウンロード

限界利益と限界利益率からわかる3つのこと

限界利益と限界利益率は、経営上の意思決定にも活用できるデータです。

限界利益と限界利益率からわかることとして、以下の3つを紹介します。

  • 事業存続の判断に使える
  • 価格の決定に使える
  • 予算の作成に使える

1.事業存続の判断に使える

限界利益と営業利益を確認すれば、事業を継続するか否かの判断ができます。

限界利益 

営業利益 

判断

赤字 

赤字 

撤退を検討すべき(事業を継続すればするほど損失が膨らむ)

黒字 

赤字 

存続の可能性あり(固定費を削減するなどの対策が必要)

黒字 

黒字 

事業継続可能(継続しても利益は見込める)

限界利益・営業利益のいずれも赤字だった場合、その事業を継続すればするほど損失が膨らみ、会社の業績にも悪影響を及ぼします。

この場合、できるだけ早めにその事業からは撤退しましょう。

また、限界利益は黒字だったものの、営業利益が赤字だった場合は、慎重な判断が必要です。

赤字の程度にもよりますが、固定費を削減させる背策を講じることで、営業利益も黒字に転換させられる可能性が出てきます。

顧客数や発注数など、他の数字目標の達成度も勘案したうえで、最終的な方針を決めましょう。

2.価格の決定に使える

限界利益率や損益分岐点を把握するのは、価格の決定にも役立ちます。

価格を大幅に値引きすると限界利益率が急激に下がるため注意が必要です。

たとえば、原価(すべて変動費)5,000円の商品を6,000円で売った場合(A)と、5,500円で売った場合の限界利益率(B)は以下の通りです。

A 

1,000円÷6,000円×100%=約16.7%

B

500円÷5,500円×100%=約9.1%

 

一方で、価格を値引きすれば販売数量が増えることもあり得るため、一概に値引きが悪いとは言えません。

そこで、限界利益率と固定費を把握し、商品の利益を確保しつつ市場での優位性を保てる価格水準をつかめれば、会社の利益を上げることにも役立ちます。

3.予算の作成に使える

限界利益率は、予算の作成にも役立ちます。

限界利益率と固定費が分かれば、損益分岐点の売上高を求めることが可能です。

以下の例を考えてみましょう。

  • 商品1個あたりの販売価格:6000円
  • 限界利益率:20%
  • 固定費:60,000円

この場合、損益分岐点の売上高は300,000円(=60,000円÷20%)となり、販売数量と損益分岐点における変動費を求められます。

  • 損益分岐点における販売数量:50個
  • 損益分岐点における変動費:240,000円

これらの数字をもとに予算を作成することも可能です。

たとえば、100個販売するものと仮定した場合の変動損益計算書は次のようになります。

(単位:円)

売上 

600,000

変動費 

480,000 

限界利益 

120,000

固定費 

60,000

営業利益 

60,000

限界利益率と固定費から、達成すべき変動費の水準も簡単に求められます。

大手企業で働くハイスキルな副業人材や、専門分野に特化したフリーランス人材の活用事例集⇒ダウンロードはこちらから

限界利益とその他の利益との違いを解説

最後に、関連する知識として、限界利益とその他の利益との関係に触れておきます。

以下の利益との違いをしっかり押さえましょう。

  • 営業利益
  • 売上総利益
  • 純利益
  • 経常利益
  • 税引前利益
  • 税引後利益

営業利益は限界利益から固定費を差し引いたもの

営業利益は、企業が本業で稼いだ利益のことです。

「売上総利益ー販売費および一般管理費(販管費)」という式で計算されるため、限界利益から固定費を差し引いたものが営業利益になると考えてかまいません。

売上総利益は売上から商品原価を差し引いたもの

売上総利益とは、その事業年度中の儲けで、粗利とも呼ばれています。

「売上ー商品原価」という式で求めることが可能です。

限界利益に比べると、差し引く変動費の範囲が狭くなっています。

純利益は企業活動の成果を表すもの

純利益とは、営業利益から税金などの社会的費用を差し引いて算出した利益のことです。

純粋な企業活動の成果を表す指標であって、限界利益とはまったく意味合いが異なります。

経常利益は毎年どれぐらい稼げるかを示すもの

企業が通常行っている業務の中で得た利益のことで、本業の儲けである営業利益に営業外収益を加え、営業外費用を差し引いて計算します。

「企業が毎年どれぐらい稼げたのか」を表す指標と考えましょう。

税引前利益は1年間の収入から税金以外のすべての費用を除いたもの

税引前利益は1年間の収入から税金以外のすべての費用を除いたものです。

「経常利益+特別利益-特別損失」という式で求められ、借入によるコストの影響を除いた利益を見るための指標として用いられます。

税引後利益は1年間の収入から税金も含めたすべての費用を除いたもの

税引後利益とは、企業の最終利益(会社にとっての純粋な儲け)を示したものです。

税引前利益から法人税や住民税、事業税、法人税等調整額など、すべての支出を差し引いて計算します。

限界利益を求めれば事業発展のヒントがつかめるかも

限界利益とは、企業の経営状態を分析する指針で、企業の収益性を確認できる材料となる重要なデータです。

たとえ芳しくなかったとしても、そこからの改善策を考えることが、事業発展につながるでしょう。

できるだけリアルタイムに近い形で集計し、分析結果を経営に反映させていくのが望ましいです。

また、固定費が低ければ低いほど、同じ限界利益率でも損益分岐点売上に達するハードルは低くなります。

ベンチャーやスタートアップなど、小規模な組織で資金力も豊富でないうちは、できるだけ固定費を抑えるのが得策です。

スタッフを雇うほどではない業務は、外注で対応するなど、固定費を抑える工夫をしましょう。

リンクスエージェントにご依頼いただいた場合、費用は変動費である外注費として扱うことが可能です。

固定費を抑えつつ、業務をスムーズに行うご提案ができるため、一度ご相談ください。