5Sとは?職業別の取り組み方や効果を解説【工場・介護・看護など】

「5Sって何?どのような効果があるの?」「導入事例を見てみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。本記事では、5Sの概要や導入するメリット、進め方についてご紹介します。

職場ごとの事例(工場・介護・看護など)もまとめたので、5S活動を導入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

 この記事でわかること

  • 5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の頭文字をとったもの
  • 職場環境の改善や業務効率化、コスト削減などの効果が見込める
  • 実施する目的や意図を共有し、段階的なステップを踏むことで成功する

業界最大級!ハイクラスな副業・フリーランス人材10万人以上のデータベースが見れるのはクラウドリンクスだけ⇒とりあえず無料登録

5Sとは?

5Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の5つの頭文字をとったもので、業務効率化や生産性の向上を目的とした教育プログラムのことです。

整理

不要なものを捨てること

整頓

使いやすいように整えること

清掃

一定の基準で清掃・点検をすること

清潔

清潔な状態を維持すること

4つの「S」を習慣付けること

厚生労働省が定義した「4S(整理、整頓、清掃、清潔)」に「躾」を加えた「5S」が普及し、多くの企業が導入しているのです。製造業や医療業界などさまざまな職場で取り入れられており、5Sを意識した取り組みのことを「5S活動」と呼んでいます。

5S活動の目的は、環境改善や業務効率化など複数あり、多くの企業が結果を出しているので、導入する価値がある取り組みだと言えるでしょう。

ここでは、5Sを構成する要素について1つずつ解説していきます。

出典:厚生労働省「4S(整理、整頓、清掃、清潔)」

整理|不要なものを捨てる

5Sにおいて整理(Seiri)とは、「必要なもの」と「不要なもの」を見極めて、不用品を処分することを指します。現場に必要のないものを処分すれば、「必要なものをすぐに見つけられる」というメリットがあるのです。

たとえば、PC内に不要なフォルダやデータ、資料がたくさん残っている状態では、必要な情報をスピーディーに入手しにくくなるでしょう。製造現場の場合は、多くの廃棄物が残っている状態では、怪我や事故につながる可能性もあります。

不要なものをため込まずにその都度処分する、または在庫品に年数が分かるようなシールを貼って、年数が経ったものから順次処分するといった工夫が大切です。

整頓|使いやすいように整える

5Sの「整頓(Seiton)」は、必要なものを使いやすい場所に配置することを指します。

以下のような工夫を施すことで、同じ職場で働く人全員が使いやすくなるでしょう。

 具体例

  • 使用頻度の高いものを近くに、あまり使わないものを遠くに置く
  • 使う順番を考慮し、はじめに使うものを手前に、最後に使うものを奥に保管する
  • ひと目で何が置いてあるのか見分けられるようにシールを貼る
  • 素早く取り出せるように置き方を工夫する

上記のように、置き場所を見直したり、使う順番通りに揃えたりすることでものを探す手間が省けます。すぐに作業に取り掛かることができ、作業効率化につながる点が大きなメリットと言えるでしょう。ものの置き場所は、各職場で話し合って決定し、全員に共有することが大切です。

清掃|一定の基準で清掃・点検をする

5Sの清掃(Seisou)とは、職場を清潔に保つことを指します。

ただ「職場をきれいにする」という漠然とした指示では、従業員によって基準が異なるはずです。そのため、5Sの清掃では社内で「清潔な状態」を決めて、誰が清掃しても同じレベルの清潔さに仕上げられるようにしましょう。

清掃活動をする前に「いつ」「誰が」「どこを」「どのように」清掃するのかを決めておきます。さらに、清掃時には職場内の機器や設備に不具合がないか点検することもチェックリストに含めておきましょう。このような清掃を徹底すれば、不具合や異常に気づきやすい体制を構築できます。

清潔|清潔な状態を維持する

5Sの「清潔(Seiketu)」では、「整理・整頓・清掃」の3つをマニュアル化して、維持できるようにすることを指します。

社内で配置転換が行われることで、”担当者が変わり、清潔な状態が保てなくなった”という事態は避けたいものです。誰でも簡単に取り入れられるようにマニュアル作りをして、同じレベルを保つための基準を策定しましょう。

清潔では、働きやすい職場を維持できるといった効果が期待できます。

躾|4つの「S」を習慣付ける

躾(Shitsuke)は、「整理・整頓・清掃・清潔」の4Sを定着させることを目的としています。

躾というと、上司が部下に教え込むといったイメージを思い浮かべる方もいるかもしれません。しかし、そのような認識ではなく、従業員一人ひとりが無意識の状態でルールを守って行動できることを指します。社員が自主的にルールを守って行動する習慣が付くので、従業員のモラル向上効果も見込めるでしょう。

強制的に実施すると5S活動の意味を成さないため、取り組みに不備や不満がでるようならすぐに改善をしてください。

5S活動に取り組むことで得られる効果

5S活動に取り組むことで以下の効果が期待できます。

  • 業務の効率化
  • コスト削減
  • 安全性の向上
  • 快適な職場環境の実現

業務の効率化

5S活動を実施することで、業務の効率化が期待できます。業務をスムーズに遂行できる環境が整えられるため、無駄な時間の削減につながるでしょう。

作業効率が良くなるので、「残業が減った」「休日出勤がなくなった」という声も見られました。作業が早く終わることで、従業員のモチベーションアップにも効果を発揮します。

ルールを徹底的に守ることが習慣化されるため、業務上のエラーが減ったり、ムラがなくなったりとサービスや商品の品質向上にも効果的です。

コスト削減

5S活動を行うことで、無駄なコスト削減につながります。

5Sの「整理(不要なものを捨てる)」の段階では、自社にとって必要なものだけを厳選するため、不用品が排除されるはずです。さらに、不要なものが明確になるため、今後無駄なものを購入することがなくなるでしょう。

また、業務効率化によって、人材不足を回避できる可能性もあります。人員の採用を減らすことができるため、経費の削減にも役立つでしょう。

安全性の向上

5S活動によって、常に清潔で整った職場をキープできるため、安全性が向上します。

厚生労働省が運営している『職場のあんぜんサイト』には、安全で健康な職場作りのために「 4S(整理、整頓、清掃、清潔)」を導入するよう促しています。

さらに厚生労働省の資料によると、災害が起こりやすい業種「商売業」では、労働災害に被災した死傷者が12,329人に上ることが明らかになりました。

出典:厚生労働省「安全な店舗づくりの進め方」

同資料では、転倒や転落を防ぐには、4Sの取り組みが役立つと明記しています。

職場環境を整えると、事故の発生率を下げることができるので教育プログラムを導入する企業が増えているようです。

快適な職場環境の実現

5S活動が定着すれば、従業員にとって快適で働きやすい職場環境へと整えられます。「必要なものがない」「どこへ戻すのか分からない」といった不快を解消できるため、ストレスを緩和することも可能です。

さらに、5Sを徹底することで結束力が強くなり、チームワークの向上効果も期待できます。「職場環境をより良くするために、従業員同士のコミュニケーションが活性化した」という事例も見られました。

ハイクラスな副業・フリーランス人材はいくらで雇えるの?⇒副業人材単価一覧表はこちら

【職場別】5S活動の事例

ここでは、5S活動を取り入れた企業の事例を職場別にご紹介します。

  • 製造業
  • サービス業
  • 医療(病院)・看護・介護

他社の成功事例をチェックすることで、自社に5Sを導入するとどのようなメリットが期待できるのか、イメージが湧きやすくなるはずです。

製造業の事例

製造業で5S活動を導入すると、製造ラインの業務効率化を実現できます。

具体的には、「工具や部品の置き場所を固定」または、「道具置き場に写真を貼り付けて、使用後は写真の場所に戻す」などを徹底すると良いでしょう。

また、事務所ではデスク周りのコード類をワイヤーネットでまとめる、使用頻度が少ない文具を奥に固定するなどが有効的です。共有すべき資料や書類もデータ化し、保管すると探す手間を省くことができます。

サービス業の事例

美容院の5S導入事例をご紹介します。まず、美容院が抱えていた問題は以下の4つです。

  • 作業性の悪い狭い店内
  • 特定の美容師だけにわかる道具の置き場所
  • 統一性のない雑然とした店内
  • 待ち時間の長さによる評判の悪さ

5S活動を開始し、1ヶ月に1回以上使用している道具は全体の6割程度という気づきがありました。使用頻度の低いものを棚へ移動した結果、以下の通り作業効率化を実現できています。

項目

改善前

改善後

カット時間

35分

30分

ワゴンへの移動回数

平均30回/人

0回

ワゴンへの移動時間

約10秒

0秒

一人当たりのカット時間が短くなったため、顧客数が平均6名/1日増加しています。

売上向上にも繋がる上に、待ち時間の短縮やお客様とのコミュニケーションを増やすことができるといった利点も期待できるでしょう。

出典:経営情報レポート「業務改善、収益向上につなげる 5S活動への取り組み方」

医療(病院)・看護・介護における事例

安全で効率の良い作業が求められる医療現場では、5S活動が役立つシーンが複数あります。小さなミスが大きな事故に繋がる可能性があるので、5S活動を導入して、衛生面の安全性を向上させましょう。

QCD革新研究所では、病院に5S活動を取り入れた結果、手術中の導線を1,500mから300mに縮めることに成功しました。

出典:QCD革新研究所「病院における5S 運動取り組みの記録」

「今、必要な物や情報を必要な場で必要な時、必要なだけ入手する」ということを意識して5S活動への取り組みをしているようです。整理・整頓を行うと、作業効率が良くなり、無駄な時間を排除できることが分かりました。

【無駄】5S活動が逆効果になる取り組み方

「5S活動に取り組んでみたものの効果がなかった」「かえって効率が悪くなった」という声も一定数見られました。

5S活動が無駄になった理由として、進め方を誤ってしまったことが挙げられます。5S活動は、階層構造になっており、正しく進めなければ効果を持たない特徴があるのです。

まずは3S「整理・整頓・清掃」からスタートして、清潔を加えた4Sに進展させます。最終的に躾を含む5Sまでの順序を踏んでいくことが重要です。

従業員が5Sの目的を理解していない場合、取り組みが中途半端になり、非効率になるので、意図や目的を周知することからはじめましょう。

ハイクラスな副業・フリーランス人材はいくらで雇えるの?⇒副業人材単価一覧表はこちら

5S活動の進め方

5S活動の進め方を以下のステップに分けて解説します。

  1. 意味や目的の明確化
  2. 現状業務の可視化
  3. チェックシートによる改善

5S活動は、進め方次第で効果に差が生じるため、正しい方法を理解しておくことが重要です。段階的なステップを踏むために1〜3の順番通りに進めましょう。

ステップ1:意味や目的の明確化

はじめに5Sを導入する意味や目的を明確化させましょう。

この工程を省いて5S活動を開始すると、従業員は「単なる清掃活動」だと認識してしまうからです。

何のために5S活動を実施するのか、5Sの最終目的は何かを全社に共有しましょう。具体的には、「残業時間を〇時間削減する」「ミスの発生数を〇件に抑える」などが挙げられます。大きな目標を立てた後で「〇〇の作業を〇分短縮させる」といった細かな目標を決めると良いでしょう。

また、5S活動を推進するためにリーダーを決めるといった体制作りも重要です。

ステップ2:現状業務の可視化

現在の業務や職場環境を可視化して、どのような問題を抱えているのか洗い出します。

たとえば、「不要な在庫を複数抱えている」「フォルダが散在していてまとまりがいない」など今抱えている悩みをピックアップしましょう。どのような状態が理想的なのか見えてくるはずですので、その状態に向けて計画の策定を行います。

ステップ3:チェックシートによる改善

ステップ3では、5S活動の形が定まった段階でチェックシートを作成します。

ここではPDCAサイクルをまわしてプロセスの改善を図ることがおすすめです。

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」の頭文字をとったもので、業務の効率化を図るためのフレームワークです。

Plan(計画)

問題発見・目標設定

Do(実行)

計画を実行し、テストをする

Check(評価)

計画が有効であったか評価・分析する

Action(改善)

改善を行い、再び計画に落とし込む

PDCAサイクルを取り入れると改善の精度が高まり、当初の目的が実現しやすくなります。

5S活動に関するよくある質問

5S活動に関するよくある質問に回答します。

  • 5S +1S(6S)とは何?
  • トヨタ式5Sとは?

疑問や不安を払拭したうえで、社内での導入・推進をスタートしましょう。

5S +1S(6S)とは何?

5Sに+1Sを加えて「6S」活動を推奨している企業もあります。6Sとは、5Sに「安全(safety)」を追加したもののことです。

従業員や設備を事故から守ることを目的とした取り組みとなっています。

トヨタ式5Sとは?

トヨタ式5Sとは、名前の通りトヨタ自動車株式会社が採用している取り組みのことを指します。そもそも5Sは、トヨタ自動車が業務において無駄をなくすためにはじめた施策です。

昭和30年代にトヨタ式生産方式「ジャスト・イン・タイム」を取り入れる際に、トヨタ式5Sが導入されました。

トヨタ式5Sの考え方や進め方は、この記事でご紹介した「5S」と同様です。

業界最大級!ハイクラスな副業・フリーランス人材10万人以上のデータベースが見れるのはクラウドリンクスだけ⇒とりあえず無料登録

まとめ|5S活動は維持継続により効果が最大化する

5S活動の概要から取り入れるメリット、具体的な方法、事例をご紹介しました。業務改善に役立つ「5S活動」ですが、導入後すぐに効果が出るものではありません。社内で仕組み化して長期的に取り組むことで、「業務効率化」や「コスト削減」「働きやすい職場の実現」などの効果が期待されます。

導入・推進する場合は、なぜ導入するのか、目的は何なのかを社内で共有して根気強く続けることが大切です。